家庭の電気代を見直す

女性

経費を抑えて安く供給

2016年4月より、小売電力の全面自由化サービスが開始されました。それにより、「新電力」という言葉をテレビや新聞でみかけるようになりましたが、いったいどのような電力会社のことなのでしょうか。簡単に言うと、大手電力会社とされる北海道電力や東北電力など10社の地域電力会社以外の電力会社のことです。正式には、特定規模電気事業者と呼ばれます。2000年に電力の部分自由化がスタートしてから新電力の参入が始まり、現在では1000近くの会社が新電力としての届け出を出している状況です。電力の自由化に伴い電気料金を見直す人が増えていますが、それは地域電力会社から新電力に切り替えることで電気料金を安くできることが理由です。それでは、同じ電気を供給しているにも関わらず、電気料金を安くできるのはなぜでしょうか。ます、新電力が小規模の会社であることが多く、大手電力会社に比べ人件費などの経費をおさえていることにあります。会社運営として経費分の収入は必須となりますが、その経費をおさえることで消費者に安く電力の供給が行えるのです。また、もともと地域電力会社は必然的にその地域の電力供給事業を独占することができていました。そのため消費者も電力会社を選ぶことができなかったため、地域電力会社が他社との価格競争をする必要がなかったことから、電気料金が下げられることはありませんでした。新電力の参入によりその概念が破られ、電力会社同士が価格競争を始めたことから電気料金の値下げが実現したのです。新電力を対象とした電気料金の比較サイトもあるので、自分の家庭の電気料金を見直す機会を設けてみるのもおすすめです。